本文へスキップ

太陽エネルギーを利用した発電方法

太陽エネルギーを利用した発電方法

  • 太陽光発電は、近年特に高い注目を浴びている発電方法のひとつです。

    太陽光からエネルギーを取り出して電力に変換しているため、動力を必要とせず、駆動音がしないという点や、空気を汚さない点、設置が簡単で場所をあまり取らない点などが一般家庭などにも広く注目を浴びています。

    通常の発電方法では、原子力発電や火力発電が主流なため、火力発電ではものを燃やした際に大量のCO2や大気汚染物質が排出されますし、石油などの環境資源を大量に消費します。原子力発電では、原子力という極めて強い動力を使うため、大気が汚れる心配はありませんが、一歩間違えれば放射能汚染で大惨事へと発展してしまう危険性があります。原子力発電は、放射能物質が地面や海に流れ出す事で環境や人体への被害は計り知れないのです。

    太陽光エネルギーは、こうした大気汚染物質や環境資源を消費する事なく、設置をすれば半永久的に太陽の降り注ぐエネルギーのみを使って発電しますので非常にエコロジーな発電システムです。

    太陽画像
  • また、風力発電や水力発電などのその他の自然エネルギーを使用した発電方法もありますが、水力発電では大規模な施設が必要となるため、とても一般家庭では使用できませんし、施設建設のコストや水を汲み上げる時に別のエネルギーを必要とするなどの問題点があります。

    風力発電でも大きな風車をいくつも建てなくてはいけません。しかも海沿いなどのある程度の強風が吹く地域に限られてきます。

    太陽光発電は、もっとも一般向けに普及しやすい発電システムだといえます。今でも世界で太陽光発電の普及は広まってきていますが、今後もますます太陽光発電は広がっていくでしょう。